協力団体・協力企業


Soul of Japanについて

日本のこころは、感謝のこころ

2010年11月、カリフォルニア州ナパのCIA(Culinary Institute of America、食のハーバード大学と呼ばれる世界最高の料理学校)で開催された年間最大のイベントWOF(World of Flavor)に、日本を代表するシェフ39人を選抜・派遣し、日本の食文化を世界にアピールして大成功を治めました。それは、日本のおもてなし精神を世界が評価した瞬間でもありました。

この経験をきっかけに、「一般財団法人 日本のこころ Soul of Japan」は2011年4月に、日本の食文化を通じて人々がつながり、世代を超えた新たな取り組みや支援を行う基盤創りを目指して設立されました。

日本の食文化には、豊かな恵みを育む自然への感謝、そして生産者や調理人など関わる多くの人々への感謝が込められています。

そうした「感謝のこころ」こそが、「日本のこころ」です。ユネスコ無形文化遺産となった日本の食文化を通じて、「日本のこころ・感謝のこころ」を世界へ広げることが可能な時代となりました。国を超えて多くの人々が「感謝のこころ」で繋がり、互いに尊重し合い、新たな対話や創造性の高い活動が生まれる。それこそが、日本の食文化をより豊かにし、次世代へ継承していく原動力になるはずです。

「日本のこころ Soul of Japan」が食のプラットホームとしてその活動が日本と世界に広がり、その一助になることを願っております。
ぜひ多くの皆様のご支援・ご協力を、よろしくお願い申し上げます。

一般財団法人 日本のこころSoul of Japan
代表理事 力石寛夫


法人会員

当財団は様々な方のご協力をいただき活動いたしております。

法人会員