CIA「Culinary Tour of Japan 2019」のプログラムの企画・運営を担当いたしました

今年で第3回目となるCIA 「Culinary Tour of Japan 2019」が開催され、CIAでこれから和食を学ぶ9名の学生が来日しました。 CIAの和食プログラムは今年から学士過程の選択集中科目となり、(Japanese Cuisine Bachelor’sDegree Concentration) それにともない、本ツアーも必修プログラムのひとつとなりました。当財団は本年もツアーの企画・運営を担い、全行程のアレンジと案内役として参加いたしました。 大阪ー三重ー京都ー東京と日本の各地を訪ねるプログラムでは、法人会員様をはじめ、当財団とも関係の深い多くの皆様にご協力いただきました。 今年初めて訪問させていただきました、京都宇治の辻利一本店様にて、お抹茶からほうじ茶まで5種類のお茶を淹れて味わう体験をさせていただきました。 京都ではJA全農のタケノコ圃場を見学。 京都竹茂楼では、佐竹洋二氏、女将の佐竹由紀子様、研修中のアンソニー氏から日本料理や懐石についてのお話を伺いつつお料理をいただきました。 京都虎屋様では虎屋の歴史を伺い、上生菓子の実演を見学。 今年豊洲に移転した中央卸売市場の場内を見学。 柳原料理教室の柳原尚之氏、大森海岸松乃鮨の手塚良則氏にご案内いただきました。 柳原料理教室では日本料理特有の道具についてのレクチャーをいただきました。 キッコーマンホールディングス様の千葉県野田本社では醤油を実際に作るプロセスを体験 貝印様では包丁研ぎの実演を見学、体験をさせていただきました。 サントリーホールディングス様本社では、サントリー様のサスティナビリティに関する活動についてお話をうかがいました。   この他にも、昨年に引き続き、富士酢醸造元飯尾醸造様、長谷製陶株式会社様、学校法人辻料理学館辻調理師専門学校様、また、新たに千房ホールディングス株式会社様、がんこフードサービス株式会社様では素晴らしいレクチャーと食体験をさせていただきました。 また、各日程お食事場所として、JA全農様の焼肉・すきやき純 梅田本店様、カフェレストランpoco a poco様、天婦羅あら井様、大森海岸松乃鮨様、鰻割烹 新川様、伊右衛門サロン渋谷ヒカリエ店様にご協力いただきました。 学生たちは、日本料理の知識や技術、体験だけでなく、日本の文化や伝統、歴史についてもしっかりと学び、有意義な時間を過ごせた様子で、無事帰路につかれました。 私共財団では、これからも訪日者への日本食体験と教育支援活動を行ってまいります。        

カテゴリー: これまでの活動, トピックス

慶應義塾大学・スタンフォード大学国際交流プログラムSKIP2019に協賛いたしました

写真 2019-09-03 16 12 22

2019年9月3日(火)慶応義塾大学国際関係会主催SKIP2019に協賛いたしました。 昨年に引き続き、今年で4回目の協賛プログラムとなりました。   今年は新宿柿傳様、山田屋まんじゅう様、大森海岸松乃鮨様にご協力いただき、慶応義塾大学、スタンフォード大学の学生の皆様に一日を通して和食と日本食文化について体験していただくことが出来ました。 まず最初に新宿柿傳の安田代表より柿傳の歴史やお茶と懐石文化についてのお話があり、その後皆様には安田代表のお点前で、実際にお茶席でお薄を召し上がっていただきました。 その際に、表千家教授福田宗耕先生よりお茶室でのマナーや茶の湯文化についてのお話をいただきました。 その後、松乃鮨の手塚様より、江戸前鮨の歴史や鮨に欠かせない山葵について、また和包丁についてのお話をしていただきました。実際に山葵の味比べもさせていただいただり、包丁を使ってのデモンストレーションなどを レクチャーの後は、学生の皆様には2グループに分かれて、それぞれ柿傳料理長による懐石弁当(縁高)の盛り込みデモと手塚様との握り鮨体験をいたしました。 懐石弁当の盛り込みデモでは、料理長より、盛り込みのルールやコツ、食材の意味などのご説明をいただき、日本料理の奥深さを体験していただきました。握り鮨体験では、握りのコツを教わりつつ、全員が鮨を握り、自分で握ったお鮨をいただくという体験をさせていただきました。 その後、昼食として、盛り込みデモで見せていただいた物と同じ縁高弁当をお椀とともにいただきました。 午後には山田屋まんじゅうの高辻代表より山田屋の歴史、四国遍路やお接待文化についてのお話をいただき、伝統を守りつつ新しいものにもチャレンジしていく老舗の在り方や、学生の皆様への力強いメッセージもいただきました。 その後、午前に引き続き福田宗耕先生にご指導いただきながら、学生全員がお薄を立てる体験をし、山田屋様のおまんじゅうもいただきました。 学生の皆様からは「すべてが貴重で楽しい体験だった」「和食を茶懐石、和菓子、おまんじゅう、鮨文化の観点から捉えなおす貴重な機会だった」との声もいただきました。 ご協力いただきました、新宿柿傳様、株式会社山田屋まんじゅう様、大森海岸松乃鮨様、また表千家教授福田宗耕先生には心より感謝申し上げます 今後も、日本の食文化を伝えるSoul of Japanならではの特別な企画を積極的に行っていきたいと思っております  

カテゴリー: これまでの活動, トピックス